スガハラガラス(Sghr) × Champs de ruban

1932年以来、真摯に素材の美しさを追求してきたスガハラガラス。職人歴50年になる職人が1つ1つハンドメイド。
「ガラスは生きている」「ガラスと会話する」
—ちょっと不思議に思うかもしれませんが、 スガハラのガラス職人たちは、あたりまえのようにそう表現します。灼熱の液体であるガラスには最高に美しくなる瞬間があり、その一瞬を逃さずに捉えてカタチにする。輝きと流れるようなフォルムの創出。他には無いこだわりが詰まったブランドです。
贈り手の想いがいつまでも伝わるギフトになります。

<ABOUT Sghr>
人それぞれ感じ方が違うから色んな可能性を作りたい。
スガハラは毎年およそ200点の新作を発表しています。
1400度の炉の中に素材が入っている12時間はいいガラスをつくるためにはとても大切な工程。ガラスは1300度で水あめのような状態に。600度くらいになると固まって動かなくなっていく。
スガハラの職人たちは当たり前のように「ガラスと会話する」そう表現する。職人たちは日々ガラスと向き合い、ガラスの声に耳を傾ける。
毎回コンセプトやテーマは設けていないという。
最終的な目標は暮らしの中で使って頂いてなんか会話がはずむね、1日の疲れが和らぐねとか、ささやかな気持ちを感じるねというものでありたい。
手にした瞬間思わず微笑んでしまうような、大切な方をもてなす時そっと彩りを添えてくれるようなそんな体温のようなぬくもりを持ったガラスをお届けしたい。それがハンドメイドにこだわるスガハラガラスの想い。

ONLINE SHOP>>

<<一覧へ戻る

「Champs de Ruban」シャンドリバンは様々なクリエイターとのオリジナルコラボギフトを販売しています。

  • CONCEPT コンセプト
  • ITEM
  • COLLABORATION クリエイターコラボアイテム
  • NEWS ニュース
  • STORE LOCATOR 店舗案内
  • CONTACT お問い合せ
  • SNS オフィシャルアカウント
  • SHOP オンラインショッピング
  • MOVIE 動画
  • RECRUIT 採用情報